3000万ちょっとでドケチ早期リタイアしたいブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎勤統計問題ですったもんだの国会(もしかして茶番?)

<<   作成日時 : 2019/02/19 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 このところの毎勤統計問題での国会の紛糾はすごいですね。対韓国、対北朝鮮、北方領土に絡むロシアとの交渉・・・。ほかにもやるべきことは山積みなのに、なぜこの問題だけ野党は執拗に追及するのか? おかげで、ほかの事はほとんど進んでませんね。
 論点はもっぱら、”仕組まれた統計”でアベノミクスの作用である賃金上昇はウソだった。ここに絞られているようですが、ウソはウソ、サンプル抽出を変えたりの操作による偽装だった。素直に認めたうえで、あらためてベアの実施を経団連に要請してもいいんじゃないの?
 なぜ与党は頑なに否定を続けるのか? 不適切な雇用統計なら潔く認めた上で仕切り直しをすればいいだけの話。しかし、これでは安倍政権のメンツは丸潰れ。でも、それでいいと思います。いったん丸潰れさせて、信頼回復。それでいいんじゃないですか? どうせ解散総選挙になっても、野党が政権奪取できるほどの勝利を収めるとは考えにくいです。先に挙げた韓国・北朝鮮・中国・ロシア・・・厄介で、しかもなマトモじゃない隣人に囲まれた日本をマネジメント出来るのは、現政権以外思いつきません。しかし、与党側も自信がないのか? 野党が毎勤統計の偽装ばかりを突いてくる、これで時間を稼いでいる間に、外交面の対策を練ろう。これ幸いと見えるフシもあります。
 一見、丁々発止にみえるやりとりの中にも、そういう意図が見え隠れしているように感じます。この毎勤統計から始まったアベノミクス偽装疑惑に国民の目を集中させておこう。働き方改革が、手詰まり状態の外交課題の目隠しとして、都合よく使われている? そのように思えてなりません。働き方改革・・・一時は安倍政権の目玉商品のように喧伝されましたが、結局こういうことなのでしょうか? 本当だとすれば、日本の労働者は、政治屋連中に完全に侮られていますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
毎勤統計問題ですったもんだの国会(もしかして茶番?) 3000万ちょっとでドケチ早期リタイアしたいブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる