3000万ちょっとでドケチ早期リタイアしたいブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS まさに規格外・・・羽生結弦という男

<<   作成日時 : 2018/11/18 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フィギュアスケートに興味がない方には恐縮ですが、羽生結弦が本日のロシア杯で優勝。見事グランプリファイナル進出を決めました。公式練習で、4ループを飛んで転倒。右足首を痛めながら、フリーに強行出場。悪いながらも何とかするのがエースだと、野球の世界でも言われますが、本日の演技はまさにそれ。悪いながらもそれなりの得点(と言っても他の選手とは次元が違う)でまとめました。
 怪我の一報にまず驚き。さらにその原因が、普段ほとんど飛ばない4ループに挑戦したことにさらなる驚き。「そんなに無理しなくても・・・」というのが正直な感想でした。ちなみに、ジャンプには6種類ほどありまして、簡単な順に並べるとトゥループ・サルコウ・ループ・フリップ・ルッツときて、一番難しいのがアクセルです。彼が実戦で飛ぶ4回転は、ほとんどがトゥループとサルコウ。簡単な4回転を確実にかつ美しく決めて、出来栄え点を稼ごうという戦略です。無理しなくてもトゥループとサルコウだけで充分戦えるのが羽生結弦です。ここがアクセル以外の4回転を全てマスターし、ぽんぽん飛び回るネイサン・チェンとの大きな違いです。チェンは4回転をこれでもかと飛んで、転倒さえしなければいいという感じで、典型的な質より量というタイプ。出来栄えの加点はあまり考えていないようです。
 これほど大きなアクシデントに見舞われながらもやり切ったのですから、もっと自分を褒めてあげてもいいのに、「申し訳ない。情けない」のコメンント。本当にスケートにも人生にも糞がつくほど真面目なんですね。素直に「凄いなあ」と感心するばかりですが、こういう人ってうつ病に陥りやすいんです。ここは気を付けて欲しいな。実際、「何度も死にたいと思った」と、一部メディアにカミングアウトしていたようですし。あまり無理しないようにね。宇野昌磨くんみたいに、あまり空気を読まない天然がちょうどいいくらいですよ。それがわかっていてもやっぱり真面目なんでしょうね。これが羽生結弦という男です。ホントすごいわ・・・。自分には無理w
 12月からのグランプリファイナルに向けて、お大事に・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
まさに規格外・・・羽生結弦という男 3000万ちょっとでドケチ早期リタイアしたいブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる